脱毛できない人でも対応可能な医療脱毛クリニック

日焼けやアトピーなど脱毛できない箇所があるけど…

その箇所は照射できません!
脱毛できないケースは?

キズやあざ、ほくろ、粘膜部分、タトゥーが入っている箇所にはレーザー照射できません。また、日焼けで黒くなったお肌にも出来ない場合があるよ。
クリニックで使われている医療レーザーは日々進化しています。

以前は脱毛不可能だった箇所も脱毛できるようになって来ました。ハイジニーナ(VIO)などのデリケートなラインでも脱毛が可能となっています。

レーザー脱毛がなぜ脱毛できるのかというと、毛の黒い部分に反応するため。つまり、毛以外で皮膚の黒い部分に対して照射しても反応してしまうわけです。

キズやあざ、ほくろなどが良い例です。もちろんタトゥーが入った部分や、場合によっては日焼けでこんがり焼けたお肌に対しても照射できない場合が出てきます。

またアトピーや日焼けについては程度の問題があるので、事前カウンセリングで確認してみることが必要。

ちなみに、あざやほくろがある部分はテープなどで保護をした上でレーザー照射しますが、その部分のムダ毛はどうしても残ってしまうことになります。

脱毛できない箇所はココ!
  • キズやあざがあり、肌の色が変色している
  • 大きめのほくろがある
  • タトゥーや刺青が入っている
  • 粘膜部分(脱毛機関による)
  • 日焼けしている(程度による)
  • アトピーにかかっている(程度による)
  • 肌が異常に弱い(程度による)

あと、特殊な箇所として、眉毛の下は脱毛施術を行ってくれない場合があります。目の周りに強い光を当てることで失明に繋がる可能性があるためです。

また、鼻毛についても脱毛は不可。鼻の中は粘膜部位に当たるためですね。

デリケートゾーンの粘膜部分については粘膜ギリギリまでは照射してくれるところがほとんどです。

脱毛できない人や条件について

肌状態については上記のように見た目で分かりやすい箇所(肌色より濃い部分がある)がある場合に注意したら大丈夫ですが、条件の場合は要注意、要確認がとても大切。

脱毛できない条件はコレ!
  • 脱毛直前に毛抜きで毛を抜いていた
  • 妊娠中・授乳中である
  • 何らかの薬を服用している
  • 予防接種など何らかの治療を受けている

生理中は基本的に施術対応してくれますが、デリケートゾーンの免疫力が下がっているためなるべく刺激を与えないことが望ましいため、VIO脱毛は行ってくれない場合が多いですね。

じゃあもう諦めるしかないのかい?

私たちはもう見捨てられたの?
実はそんなことはありません。

医療レーザーのような照射力の強い機械でも日焼け肌、アトピー、キズがあっても照射可能なレーザー脱毛器が登場しています。

例えば最近各クリニックで導入が進んでいる「メディオスターネクスト」という医療レーザーは、日焼け肌や色素沈着した肌、元々色黒の肌、アトピー肌でも照射が可能となっています。

ただし、これもクリニックによって判断が別れており、AクリニックではOKだけどBクリニックではメディオスターを導入していても照射しないケースがあります。

病院側のリスクの許容範囲と患者さんの理解度、つまりカウンセリング時にどこまで折り合いをつけるのかを相談しながら判断されるということに。

ここではメディオスターNext Proを導入していて、比較的条件が優しい(日焼け肌やアトピー、色素沈着でも対応可能)クリニックをピックアップしておきます。

肌トラブルが起こっても超充実ケアで安心のリゼクリニック

メディオスターが導入されているのはもちろん、硬毛化・増毛化対応、打ち残しの再照射があっても全て無料で照射保証。皮膚科として万全の対応をとっている全国展開の人気クリニック。敏感肌で肌が弱い人にはおすすめ。料金も安心設定。

みんなの口コミを見る



 

とにかくリスク管理が徹底されていて安心感の高さで評判。



全身脱毛なら一押しのクレアクリニック

都内で全身脱毛を選ぶならクレアが超おすすめ。私も受けてきたけどとにかくカウンセリングが丁寧で、なんでも相談できる雰囲気と患者をいたわるおもてなし感がスゴイ。だから肌について不安に思ってることもたくさんお話できますよ。全身脱毛料金も格安で言うことなし。



 

実際受けてみた感想をまとめてるから良かったら参考にしてみてね。

管理人の体験談を見る




痛みを限界まで抑えた脱毛器で安心のKM新宿クリニック

「ハヤブサ」っていうかっこいい名前の脱毛器だけど、仕組みはメディオスターと同じで、毛を作る領域「バルジ」に直接作用、ジワジワ熱量を浸透させて破壊させる方式。痛みがほとんどないと評判の脱毛方法。



 

脇脱毛5回がお試し1万円だから受けやすいね!


まとめ

あらかじめ脱毛できない箇所があることを知っておいた上で、自分が脱毛できるのかどうか、また施術を受ける場合は脱毛してもらう箇所を決めておき、無料カウンセリングでしっかりと相談、確認をすることがすごく大切。

心配な場合は、初めから医療脱毛クリニックを選択するほうがおすすめ。医療機関なので、専門的なアドバイスや適切な選択肢を提示してくれるので安心。

「ここに傷があります」「ほくろがここにあって・・・」「肝斑(かんぱん)ができてるんですけど」「こんなに日焼けしてても大丈夫ですか?」など自分の状況と条件をしっかり伝えましょう。

クリニックは皮膚科の病院なのでなんでも相談できますよ。